2012年11月06日

酒井正親の野望5(尾張の覇王)

前回守山城を落としました。近くの城を調べたら、小牧が手薄だったので、釣り出しを使い、ついでにここも落とします。織田家と接触する城が多くなってきたので、釣り出しが楽になりました。隣接している城全てを包囲することができれば、こちらが攻撃されることはありません。このテクニックは弱小大名プレイで必要になるかもしれません。特に急いでいる場合には、隣接する城全てに釣り出しをかけて、順番に落としていけば時間の節約になります。

上記のテクニックを早速使ってみます。清洲と名古屋に同時に釣り出しをかけてみます。織田家が兵力が多い今川家との戦いを避けて、沓掛にちょっかいを出してきますが、落城まで3ヶ月が必要です。織田がいなくなれば、今川が織田の領地を攻撃するため、領地をとられないように織田は包囲をといて救援に向かいます。なので、沓掛の守備兵の数だけ気をつけていれば、こちらが救援に向かわなくても持ちこたえられます。

釣り出しのために武将が必要になったため、ここで捕虜を登用します。捕虜に相手の守備兵と同じかやや少ない兵をもたせて釣り出し開始。松平45万・織田37万(臣従込み)。

■1554年2月。名古屋城と清洲城を落とした時点で織田と石高が逆転しました。
これで織田家の力をかなり削ぐことができたはず。

織田をだいぶ削りました。織田が弱くなりすぎると、織田と隣接している斎藤や六角が織田を攻撃するかもしれないので、一休みして今川を削りにいきます。織田と同盟している六角に従属して、織田と不戦、今川と敵対になりました。

酒井正親「えっ!?若君はどうなったって? 智将のわしが寺に逃がしたわい。万事抜かりない、わはははは」

■1554年5月、はじめて釣り出しを使わずに城を落としました。落とした城は吉田城です。
tokugawa14.jpg


posted by だいろくてんま at 22:27| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | サンプル徳川家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月05日

酒井正親の野望4(綱渡り外交)

■1552年1月 酒井忠次が仕官。
家臣が加わる。家臣の数=戦力になる場合があるので、これは嬉しいです。
特に序盤は釣り出し要因が一人いると助かります。
次なるターゲットは岡崎城に隣接している作手城の奥平家。外交は今川に従属。今川に攻撃されながら作手城を攻撃する。スピード勝負になるので、今川から攻撃を受けそうな城の守備兵を増やします。作手城を兵糧攻めすれば、3ヶ月で落とせそう。

■1552年2月 独立→織田と今川から同盟申し込み。これを受諾し、防衛に備えて城の守備兵と、作手城を囲い込む兵を増やします。

■1552年3月 今川と同盟破棄、今川が織田領を攻めているときに同盟破棄すれば、その月に、こちらの領地へ強襲はかけてこないでしょう。攻撃してきても兵数不足から兵糧攻めなので、怖くないです。

■1552年5月 鳥居元忠仕官。だんだん知っている名前も出てくるように。今川と織田はにらみ合ったままでした。

■1552年6月 作手城陥落。相手武将を捕虜に。ここで、今川に攻撃を受けたので、武田に従属。織田と武田が同盟を結び。松平は再び平穏な時代に。しばらく消耗した守備兵補充と城の改築をし英気を養います。
酒井正親「正月まで、休暇じゃ。有給消化はいまのうちに」

■1552年11月 休暇のはずが、鳥居元忠が安祥城から上之郷城に進撃(釣り出し)。しかし警戒していた今川軍はすぐに安祥城を包囲します。攻め口を1つしか持っていない松平軍は上之郷城攻撃を諦めました。

■1552年12月 諦めたふりをし、北条家に鞍替え。織田と北条が同盟関係を結びます。松平、今川軍双方とも兵を引きます。

■1553年 1月 すぐに北条から独立、守備兵を補充していない上之郷城を強襲し、1ヶ月で落城させます。織田と今川から攻撃を受けるので、次なる従属先を探します。

■1553年 2月 前回の裏切りから1年が経つので、再び斎藤家の庇護下に入れます。これで織田と今川と同盟関係になったので、包囲は解消されました。

tokugawa12.jpg
石高は20万を超えました。織田と今川は2万を超える兵力を持つことと、相手の智謀が高く、こちらは低いのでまだまだ正攻法では攻略できません。

次は織田と今川のバランスを均衡させるために、織田を削りたいと思います。みたところ手薄なのは守山城でした。しかし、ここも釣り出しをしないと1ターンで落とせません。それに、攻撃の起点となる安祥城が織田の標的になっているらしく、ここを攻撃されてしまいます。起点を包囲されると釣り出しは失敗です。
そこで、今川がいつも、鳴海を通り越して海路で末森城を攻撃しているということを利用しました。

まず、今川と同盟関係。織田と敵対関係になるために、本願寺に鞍替え。
今川が末森を攻撃すると、織田が全軍でこれを救援。その結果鳴海に残るのは守備兵のみ。この鳴海を包囲する。この包囲はダミーで、同時に守山城を釣り出しにかかる。
■1553年 4月。守山に釣り出しをもう一回、鳴海はわざと包囲したままにし、織田軍の救援部隊をこっちに引き寄せ、守山を攻めるための安祥城に攻撃が来ないようにする。鳴海の部隊はすぐに撤退させ、被害を最小限にとどめる。
■1553年 5月。全力で守山城を攻撃落城。
酒井正親「計画通り!」←智謀1。
tokugawa13.jpg

posted by だいろくてんま at 20:27| 群馬 ☔| Comment(0) | サンプル徳川家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月04日

酒井正親の野望3(三河→尾張→三河)

無事に沓掛城を落とした松平軍。
次のターゲットはどうしようかと思案。周りには織田軍(たくさん)、今川軍(味方だけどたくさん)、三河一向一揆衆(守備兵合わせて3000程度)がいる。
酒井正親「本来なら殿が征伐するはずじゃが、ここはわしにおまかせあれ。」
と意気揚々に出陣。でも今川と一向一揆は同盟関係。さてどうすべきか。

■織田と今川と戦いたくない。二つと同盟状態にならなければならない。
■一向一揆(主家本願寺)と同盟関係になってはならない。
試しに、今川と同盟関係の北条を頼る→織田と北条が同盟を結んでくれない。
試しに、今川と同盟関係の武田を頼る→織田と武田が同盟をむすんでくれない。
試しに、独立してみる→どこも同盟結んでくれない。
っていう夢を見た。

ということで、織田と同盟関係にある斉藤に頼る。斎藤は直轄地が少ないので、同盟のオファーがきやすい。
早速、織田と戦っている今川から斎藤家に同盟オファー→快諾。
松平家は織田と今川と同盟関係にあり、一向一揆(本願寺)とは敵対関係。

兵をためて、一向一揆を兵糧攻めした後、一向一揆衆を家臣団に加え領地を3にした松平。
一揆衆など能力が低いのでいらないように思えるが、釣り出ししたいときに、登用し、釣り出しに適した兵をもたせるので、その利用価値は大いにある。

現在1551・11月・領土は3つで石高は10万になった。
tokugawa11.jpg
posted by だいろくてんま at 21:47| 群馬 ☔| Comment(0) | サンプル徳川家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする



カテゴリ
日記(17)
戦国史攻略テクニック(5)
サンプル徳川家(12)
サンプル伊賀惣国(8)
縛りプレイ(7)
サンプル織田家(5)
サンプル長宗我部家(10)
サンプル宇喜多家(8)
本能寺の変後(改)・明智家(4)
サンプルver.2小寺家(0)
ゲームよもやま(1)
MHP3rd HD ver(14)
艦これ(7)
連絡事項(1)
過去ログ
2014年09月(2)
2014年07月(2)
2014年06月(3)
2014年05月(1)
2014年03月(3)
2014年01月(2)
2013年12月(2)
2013年11月(8)
2013年10月(3)
2013年09月(3)
2013年05月(4)
2013年04月(7)
2013年03月(3)
2013年02月(3)
2013年01月(4)
2012年12月(23)
2012年11月(26)
最近の記事
(09/25)で、結局
(09/21)PS3逝く
(07/31)久しぶりにモンハン再会。
(07/26)PC変えたため更新遅れました
(06/12)一部コンテンツの見直し
ファン
 メッセージを送る
 このブログの読者になる
 更新情報をチェックする
 ブックマークする
 友達に教える
お知らせ

戦国史初心者〜中級者向けの攻略情報を充実させています。
もし、紹介している方法以外にいいアイデアをお持ちでしたら教えてくれると嬉しいですo(^o^)o

手取川の戦いのシナリオを探しています。ご存知の方は教えてください。
上杉家使いた〜い
RDF Site Summary
RSS 2.0